" />

競馬

フェアリーステークス(GⅢ)2021

JRAに相当な借金をしてから地方競馬で大きく勝つという日曜日でした。月曜日…ここを勝って何とか2月に資金を繋げたいところではあります。土曜日はそれほどではありませんでしたが、日曜日は大型馬の好走が目立っていました。特に500kg以上だと結構馬券がらみが多かったです。また調教ですが、意外にも最終坂路は馬券に絡んでいません。重要なのは美浦南W追いの馬です。フェアリーステークスではそういった点も踏まえて予想したいなと思います。

データでは東京芝1,600mを1分37秒以内で勝利した馬が未勝利・新馬組からは馬券がらみが多い。枠での差はなし。サンデーサイレンス系×母父ミスタープロスペクター系の組み合わせが上位を独占する年もある。前走アルテミスステークス組は2017年ライジングリーズン以降出走数も少なく取捨がカギとなる。1番人気が弱いレースとしても有名で、1番人気の勝利は2014年オメガハートロックまで遡る。

推奨馬

◎タイニーロマンス
前走はドスローペースで終始外々を回らされての東京コースで快勝。ノヴェリスト産駒でキレる脚は全くないが、長く良い脚を使える。馬体も大きいし、直前の追い切りも南Wでこれもまた併せ馬も目立たない。複勝くらいがいいかもしれないし、このレース自体やらないかもしれない。

危険な人気馬

危:テンハッピーローズ
アルテミスステークスを使ってこのレースを選択するというのは疑問が残る。それでも調教は坂路でしっかりと動けているし、サトノレイナスにわずかの戦績のあるこのコースでなら人気するのは分かる。前走もじわじわと伸びているが結局キレる脚はそれほどなさそう。スローな流れで出番があればいいのだが…。

-競馬
-, , ,

Copyright© 南原きよきよしいの競馬日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.