" />

競馬

マイルチャンピオンシップ(G)2021

 グランアレグリア…サウジアラビアロイヤルカップを快勝した時に本物だと思った。朝日杯フューチュリティステークスでは牡馬相手に3着と健闘した。直前の雨がなければ着順は変わっていたのではないかというタラレバは競馬には禁句だ。2019年阪神カップではその圧勝ぶりに誰もが感動した。休み明けで迎えた高松宮記念、南原は単勝5万円を買っていた。モズスーパーフレアにハナ差届かなかった。2020年安田記念、私はインディチャンプに浮気をした。単勝12倍もついていたのに信じられなかった。秋にはスプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップと連覇をした。ここまではよかった。好きな馬だった。

もっとあんな恋がしたくて
こんなはずじゃなくて
シュンとなってキュンとなって
初心だね
磁石みたいにまたくっついて離れて
OMG OMG
恋は暇じゃないさ

 重馬場の大阪杯では4着、2021年ヴィクトリアマイルでは完勝も相手関係が軽かった。安田記念ではダノンキングリーを差せなかった。天皇賞秋では新星に交わされてしまった。そして迎えるマイルチャンピオンシップ…。振り返れば噛み合わない馬だったなと。競馬をやっている上で、特にGⅠなどの重賞競走で噛み合う馬とそうでない馬がいる。その時の感情だったり、プライベートなことだったりをどうしても馬に重ねてしまう。前の彼女と一緒に観たグランアレグリアもクロノジェネシスも2021年で引退する。私生活の区切りを私は無理矢理馬に押し付けているのかもしれない。

推奨馬

◎グレナディアガーズ
土曜日阪神のメインレースで池添騎手はラーゴムで勝利。ハナ差での勝利だった。ボッケリーニとは完全に馬場状態の差だろう。伸びるところを完全に把握することが出来た。グランアレグリア、シュネルマイスター、サリオスと3強ムードが漂う。その3頭は果たしてそれほど強いだろうか。グランアレグリアは前走先行する競馬。内枠でごちゃごちゃした際に外を分回される。去年なら怖いものはなかったが今年は不安がある。グレナディアガーズはマイルでしっかりと使われている。2歳時の話を出すのは無意味かもしれないが阪神コースでは負けがない。テンションが上がりやすいタイプで得意なコースであればしっかりと能力を発揮できるはず。シュネルマイスターはこれが初めての遠征。関西馬では自分が一番強いということを証明するために朝日杯フューチュリティステークスのようなレースをしてほしいところだ。

危険な人気馬

危:グランアレグリア
年末に適したレースがなくここを目いっぱいの仕上げ。書いている途中に救急車対応に呼ばれてしまったためこれにて終了。

-競馬
-, , , ,

Copyright© 南原きよきよしいの競馬日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.