" />

シルク 一口馬主 東サラ 社台 競馬

2022年のご挨拶

明けましておめでとうございます。昨年も新型コロナウイルスの影響により、引き続き様々な制約を強いられた1年でしたが、皆様からの温かいご声援のもと滞りなく歩み続けられましたこと、深く感謝申し上げます。2022年が、皆様と皆様の愛馬にとって例年にも増して素晴らしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。そして私たちスタッフ一同、より魅力ある人間にすべく頑張って参ります。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

有限会社シルクレーシング
代表取締役 南原きよきよしい
(上記シルクホースクラブより引用、一部改変)

出資馬のおさらいを兼ねてまとめます。

■社台サラブレッドクラブ
牝馬 4歳 アーダレイ 父:オルフェーヴル 庄野靖厩舎
 1勝クラスで差す競馬をしっかりと覚えて少しでも上の着順を目指してほしい。半弟ディープインパクト産駒もまだデビューしていないみたいだ。牧場ではあまりごはんを食べてくれないのでしっかりと食べてゆっくり成長してくれればいい。そろそろ午後のレースで走りを見せて欲しい。オルフェーヴル産駒はどちらかと言えば成功していないタイプで成長力もどこまであるか分からない。この馬もスピードは大してないし、未勝利戦はたまたま逃げて勝てただけかもしれない。ローカル競馬場で若手を乗せて1つでも上の着順を。

■東京サラブレッドクラブ
牝馬 4歳 ルージュメサージュ 父:スピルバーグ 斉藤崇厩舎
 未勝利、1勝クラスと重馬場のレースで連勝。上のクラスで通用するかと思ったがキレる脚はなく馬場が乾くとだめなタイプ。2021年阪神最終日も惜しいレースだっただけに梅雨の時期を狙って積極的に雨のレースを選んで頑張って欲しい。鮫島克騎手とは手が合っている印象なので春までにもう1勝して秋頃にリステッド競走になんとか出られますように。厩舎がしっかりと仕上げてくれるし、ノーザンファーム天栄もきっちりと使える状態にしてくれている。また出資したいと思った厩舎の1つで2022年も他の馬を狙っていきたい。

牝馬 3歳 ルージュレイア 父:ハーツクライ 尾関厩舎
 2021年夏の札幌でデビューした時の勝ち馬がウォーターナビレラ。2戦目の未勝利は大野騎手が好位を取るもそこから脚を全く使えずに惨敗を喫した。それでも2022年始動戦は2月の中山目標のようでしっかりと鍛えてくれている点も好感触。東サラでハーツクライ産駒、かつ南原出資馬という時点で走る確率は限りなく0に近いため仕方ない。成長力に期待するしかない。

牡馬 2歳 トリニティプレイスの20 父:ルーラーシップ 大久保厩舎
 一口馬主人生で初の牡馬への出資。そろそろルーラーシップ産駒から大物が出るでしょうということで、募集時の歩様、スピードから即決した馬。下河辺牧場生産というとユメノオワリを思い出すが、この馬なら大丈夫でしょう。しっかりと成長してくれており馬体も500㎏を超えるユウダイな馬体に。2番目の仔だし初仔のロードカナロア産駒は小柄だったのでチャンスかも…。

■シルクホースクラブ
牝馬 3歳 デュードメール 父:ロードカナロア 須貝厩舎
 デビュー戦で1番人気に支持された時点で嫌な予感が的中してしまった。この引きがない私がメイクデビュー勝利なんてありえないのである。それに気づけなかった。今でも気持ちは本当に分からないけど、君のアルバムにいる僕を全部消したんでしょう、と言わんばかりの募集時の詐欺写真。引っかかってしまったのは紛れもなく自分自身なのであるが良血馬にアタックしてしまった自分が悪いというか、入会時に優先でなかったのに当たってしまったから仕方ない。早く立て直して1つでも多く走ってください。地方もあるよ(厳しい)。

牝馬 2歳 ダストアンドダイヤモンズの20 父:ロードカナロア 尾関厩舎
 またやってしまった。半兄ドウデュースは2021年朝日杯フューチュリティステークスを制覇。その馬の下が走るわけがない。もう出資しないなんて言わないよ絶対。ところで槇原敬之っていまなにしてます?そろそろあいついま何してる?に出てきてもいいころですね。牧場でしっかりと鍛えて息の長い活躍をしてください。シルクでの実績は3年間で25万円。まだまだ全然戦えないですね。でも2022年は多くの馬に出会えますように。

-シルク, 一口馬主, 東サラ, 社台, 競馬
-, , , , ,

Copyright© 南原きよきよしいの競馬日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.