" />

競馬

2022年夏競馬を終えて

 2022年の夏競馬はルメール騎手が札幌を締めくくり、松山騎手が小倉を締めくくり、津村騎手が新潟を締めくくり無事に終了した。もちろん私のお財布も終了してしまった。札幌記念でジャックドールを週の本命にしていたが直前でソダシをどうしても買いたくなり心中したが失敗。思い返せばジェラルディーナを過大評価したところから不運は始まった。そこから毎週10万円近く失っていては9月の生活が怪しくなるのも当然だ。流れが悪すぎるので中央競馬はセーブしているが、新潟記念の本命は実はヒートオンビート、小倉2歳ステークスはメイショウコギクとまったくダメダメだった。やっぱり中央競馬で勝負するにはまだ早いかもしれない。それでも小倉ダート1,700mでは美味しい思いをたくさんすることが出来たし、得意なレースが1つでもあってよかった。

 まずは3歳未勝利が終了したことに伴い出資馬の成績や思い出でも振り返ろうと思う。ルージュレイアは相性の悪いハーツクライ産駒だったが尾関厩舎ということで最優先を使用した。もう1頭ルージュヴェルダも応募したが落選した。ルージュヴェルダも未勝利で佐賀に移籍したことを考慮すると馬選びが下手なのだろう。ルージュレイアは1つ上のプロテアヴィーナスがディープインパクト産駒でG1レーシングで募集、価格も抑えめで東サラで募集されたことから飛びついてしまった。そのプロテアヴィーナスは骨盤骨折で予後不良に。ルージュレイアは夏の札幌でデビューしウォーターナビレラに完敗、4戦目でロンギングエーオに負け、5戦目でダート中距離を使うも伸びあぐねて5着、その後東京ダートマイルでルメール騎手騎乗で2番人気も4着、この時点で勝ち上がりをあきらめた。未勝利を勝っておくのがいかに大切かということを教えてくれたのは社台のアーダレイ。この夏も新潟で5着、8着としっかりと自分の餌代は稼いでくれた。東サラでは相性が悪くレッドプロフェシーが勝てなければ退会予定のため追加出資はしていない。それでもルージュメサージュは小倉で2着と大健闘してくれた。馬場の悪い内をあれだけ走れたのだから今後も期待したい。

 シルクで新規入会させてくれたデュードメールは初戦こそルメール騎手で1番人気も16着と大敗。芝中距離でも足りず、短距離にしたら出遅れ癖が目立ち1,000m走ったと思ったら最後は1,700m。札幌最終週でのレースは最後方から上がり最速で追い込み3着と典型的な追い込み馬になっていた。おそらくファンド解消になってしまうが地方に移籍して南関東競馬で走るようなことがあれば応援したい。走り自体は悪くないので噛み合ってくれれば…出来れば大井競馬で見てみたい。

 ここで当ブログは2022年夏競馬を持ちまして中央競馬の予想はテキトーにやることに決定しました。今後は南関東競馬の予想をメインにお送りしていく予定です。大井競馬、船橋競馬は相性がいいので平日は可能な限り更新します。また川崎競馬はたまにやるにしても浦和競馬は一切やりません。適度な距離感をもって競馬と向き合っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

-競馬

Copyright© 南原きよきよしいの競馬日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.